アメリカで暮らすなら、危険地域を知らないと危ない!

アメリカは危険な国!

アメリカは危険な国?

日本って安全な国だなと思うのが、「危険なエリア」を検索しながら生活しなくてもいいということ。アメリカは違います。日本と違って危険なエリアを考えながら生活しないと危ない!

リアルにその辺で銃声が聞こえることも。パトカーもしょっちゅう見ます。

隣人トラブルで殺されたなんて話も、日常茶飯事。

というわけで、今日はアメリカで自分の命を守るのに便利な危険エリアについて考えます。

危険な地域を検索しよう

アメリカの住所や街の名前を入れると、危険な地域が分かるサイト

neighborhood searches-crime rates

https://www.neighborhoodscout.com/neighborhoods/crime-rates/

私の住んでいる砂漠のとある街でも調べてみました。

アメリカは危険な国?

青いところが安全地域です。砂漠の人が住んでいないところはほとんど安全な地域ですよね。

でも、薄い白っぽい地域が右側に集中しています。これは、超危険な地域。

私が住んでいるところの東側は危険な地域なんです。私はちょうどここの真ん中らへんに住んでいます。ちなみに西側には刑務所もあります。砂漠のどまんなかに刑務所です。

歩いてていても、1ブロック先は危険な地域かもしれない。それがアメリカなんです。近所のことを「ネイバーフッド」と言います。

なんで危険なの?

理由はお金のない人たちが集まっているエリアなので、犯罪率が高いということです。そして、恐ろしいことに銃がその辺で買えます。ウォールマートで200ドルです。日本では考えられませんよね。

そして、アメリカって貧困の差がすごいです。ホームレスで徘徊している人はそこら辺に居ます。

でも、問題なのは中途半端な貧困層。ベーシックな生活が出来ていても裕福ではないから、生活に困って犯罪を犯すことが多いのです。

そして、生活に満足していない人たちはフラストレーションがたまっている輩も多く。私も新しい自転車を学校で壊されました。盗む目的じゃなく、破壊するのが目的です。なんてやつだろう!

どこにいても危ないと思っておくのがアメリカでは大事かもしれませんね。

危険な地域は歩いている人はいない

ある程度安全な地域なら歩いている人を見かけます。そこは安全だから。

でも、安全じゃない地域は、自転車で走っている人も歩いている人もいません。

人っ子一人歩いていないような地域なら、「危険かも」と思ったほうがいいです。

日本人は危機感なさすぎ

私は日本人旅行客と会う機会がほとんどないエリアにすんでいますが、日本人旅行客をたまにみかけるとスキだらけであぶないなーと思うこともしばしば。

日本人がアメリカを旅行するときに気を付けること!

一人で行動しない!

たまに一人で行動している女の人とか見ます。私もたまにやりますが。

これは、ほんとに危ない。私もすれ違う人にいつもびくびくしています。

大勢の人はいる観光地なら襲われることは少ないと思いますが、ほんとに怪しいエリアで歩いている人を見かけると怖いです。

できれば、集団で行動しましょう。ほんと、それが一番。

荷物を置きっぱなしにしない

私も日本人なのでたまにやりそうになりますが、荷物を置きっぱなしにしたら、間違いなくなくなります。信頼できる人がいるときだけおいていきましょう。

問題はトイレに荷物を置く棚やひっかける場所がないということ。荷物が置けなくて困ることが多々あります。日本のトイレホスピタリティはすごい!

財布は見える位置に入れない

観光地はスリもいるので、財布は見える位置ではなく、カバンの奥や、チャックのある場所に置きましょう。

私の財布は最近カードケースのみになりました。アメリカってほんとにクレジット社会なんですよね。

ぼーっとしない

日本人、よくぼーっとしてます。私もですが。後ろから襲われたら一発でアウトです。

黒人さんが近づいてくるとやっぱり時々怖いときがあります。なにしろ、体格差がありますからね。戦えません。(え?戦うの?)一応、すれ違う人には注意です。

アメリカ人女性が強い理由

アメリカ人女性ってすごく強いんです!鍛えてますし、男性の倒し方講座とかもあります(笑)

それだけ、女性が狙われることも多いし、犯罪に巻き込まれる可能性が高いということです。

私も友人に「銃の使い方くらいは覚えておいたほうがいいわよ」と言われました。武器を持つなんて怖すぎて無理です。アメリカで生きるためには強く生きないといけないんだなと感じました。

さいごに

アメリカに住む予定の方、アメリカに長期旅行を予定している方。もし、可能ならアメリカ人の方と一緒にいれる環境が間違いないと思います。危機管理対策に関しては、国に住んでいる人が一番詳しいです。

観光や体験したいという理由でも、危ない地域にはいかないのがベターです。日本は世界でも超安全な国です。これは間違いありません。だからこそ、危機意識をもって海外旅行を楽しんでもらいたいです。

アメリカ、カリフォルニア州在住。国際結婚した主婦在宅ライターです。国際結婚や英語学習、ミリタリーワイフ生活について紹介します。在宅ライターについて書いている、はてなブログhttp://dont-beshy.hatenablog.com/もあります。