英語を英語で学ぶのが英会話上達への近道

日本の学校ってリーディングも何故かライティングも日本語に訳させますよね。私はあれで英語が嫌いになりました。文法も日本語で教えられますしね。日本語に訳すことで考えることが一作業増えるわけですから、無駄!私は英語を英語で勉強し始めたら、ごちゃごちゃだったことがスッキリ整理整頓されてグッと英会話も楽になりました。

英語学習

英語を英語で学ぶと覚えるのが早くなるワケ

日本の学校って、英語の文章を嫌というほど日本語に訳させますよね。あれなんでなんでしょう?先生が教えやすいようにっていうだけな気がします。

私自身、中学、高校、大学と英語の授業を受けてきたはずなのに、外国人の友人が増えてきてもほとんど英語を話すことができませんでした。

あるとき、外国人の彼女がいる日本人男性の友人に「日本語の参考書見て勉強しても英語は上達しないよ。英語は英語で勉強しなきゃ」と言われました。えー難しいんじゃないの?辞書も英語で引いて意味理解できるのかな。とかいろいろ思いましたが、実践してみることにしました。

約1年地道に実践してみた感想。その間にアメリカ人の彼氏が出来たというのもありますが、格段に話せるようになりました。とにかく日本語を読むより単語のインプットが多くなるのが利点です。発音を直してくれる相手やアウトプットする相手に彼氏がいたのも効果的でした。

英語を英語で学ぶと覚える量が増える。そして必要なのはアウトプットできる人や場所があるかどうかで、上達度が変わってきます。

実践したことは?

日本語の文法書を英語に翻訳する

周りの友人は留学したり英会話スクールに行っていましたが、私はお金も時間もないので仕事終わりに近所の図書館で勉強を始めました。

本来は、英語で記述してあるGrammarの参考書が欲しかったのだけど、高くて手に入れられませんでした。

そこで始めたのが、中学生レベルの文法参考書の翻訳。翻訳といっても日本語→英語に訳します。日本語の参考書ならそこまで高くないし、日本語で内容を理解したあとに、英語の文法関連のワードも覚えられてなかなか良かったです。基礎をおさらいできるような厚くない参考書をお勧めします。厚いと翻訳するのに途中で飽きます。

中学生レベルの参考書だからと言って侮ってはいけないと思います。大人で英語をやり直したいなら、最初は基礎レベルの文法から学ぶべきです。

考えてみたら、S+V+Oがなんの頭文字を取っているのかも知りませんでした。

もう、なんのこっちゃです。S(主語)+V(動詞)+O(目的)って言われるだけじゃないですか。最初から略語で教えるなんて、超不親切な教科書と教師だなと思います。これが、そもそも混乱の原因。

最初からS(Subject)+V(verb)+O(object)って教えてくれたらそれだけで英単語の知識が一個増えるわけじゃないですか。しかも、留学するような生徒には必須の知識。私の先生のあたりが悪かったのかな。教える先生もいるでしょうね。

ちなみに、よく高校生で使われる文法書「フォレスト」の品詞の説明文です。日本語でしか解説していません。

英語は英語で学ぶのが上達の近道

Why?! Japanese People!!!ですよ。これでいいのか参考書!そして、永遠に品詞の説明は日本語で続いていきます。

これで勉強した生徒は受験はパス出来ても、海外に行ってからいろいろと衝撃を受けると思います。

英語を聞ける耳を育てる

よくCD付の参考書もありますが、現代ではそんな面白くない教材は必要なし。

私は、ESLポッドキャストで勉強していました。

https://www.eslpod.com/website/

車の中で通勤時間に流しながら、聞いていましたよ。

会話の例や、単語の解説も豊富でとても役に立ちます。もちろん解説はすべて英語。これを聞き始めてからシチュエーション別で対応できるくらいのボキャブラリーが増えました。

恋愛ネタやアメリカ社会のあれこれを紹介するような会話の例文も多くて、友人との会話にすぐ応用できるのが良かったです。なによりもゆっくーり話してくれるので、海外のラジオが聞き取れない、TOEICでリスニングの点数が上がらないという人にはオススメです。

速い速度で紹介してくれる場面もあるので、慣れるのにはもってこいです。

留学してないけど、オンラインで留学気分を味わう

先に紹介した、日本語→英語で文法書を訳すって話。そんなのは面倒くさいよという人にオススメのサイトがあります。

engVid

http://www.engvid.com/

留学しなくても海外のESLで勉強できちゃいます。しかも無料!たしか、カナダのESL講師の皆さんだったと思います。もうかれこれ5年以上見てるので講師もだんだん年取ってきましたね(笑)愛着が沸きます。

私も文法で分からないところがあるとこのサイトをみて感覚を掴んでいました。好きな講師が選べるのも魅力です。どの先生も面白く、分かりやすく解説してくれます。

でも、これできるのは英語耳が育っている人じゃないと、ちょっとハードルが高いかな?とにかく聞き取れないとつらいかもしれません。

もし、留学を考えている人がいれば現地のスクールはだいたいどこもこんな感じだと思うので、これで勉強してからいくとクラスも楽々!かもしれないですね!

究極にベーシックな基礎から、大学向けのアカデミックライティングまで選べて見られます。まだまだ更新されているので、ほんとうにオススメです。

さいごに

日本語で解説している参考書を買う前に、英語を英語で勉強しようと思えばなんでも教材になってしまいます。海外映画を見て、言葉を覚えるもよし。ラジオを聴くもよし。音楽の歌詞を覚えるのもよし。

英語に関するものなら、ありとあらゆるものが教材になります。オンラインもそう。

英語のテクニックを学びたいなら日本語の参考書でもいいかもしれませんが、英語を使えるようになりたい人は、日本語で覚えていては上達しません。

英語学習で行き詰っていて、まだ日本語の参考書で勉強しているようなら日本語の参考書はすてて英語で勉強を始めましょう!楽しく勉強するのもコツです。

私も勉強頑張ります!

アメリカ、カリフォルニア州在住。国際結婚した主婦在宅ライターです。国際結婚や英語学習、ミリタリーワイフ生活について紹介します。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする