【ミリタリー】初めてのデプロイ、出発前に確認しておきたいこと5つ

こんにちは、ナッチョミー(@DONTBESHY1105)です。

結婚してから旦那さまが初めてのデプロイへ出発です。デプロイ前に配偶者に確認しておきたいこと5つをまとめました。

デプロイ

1.家や車の管理

デプロイに行くとなると長期で配偶者が居なくなります。気になるのは、家や車の管理です。

私なんかは普段から旦那に任せっぱなし。家の事、車の事良くわかっていません。車の故障時にはどこに連絡すれば良いのか、家の不具合があった時の対処法について聞いておきましょう。

保険関係の連絡先もしっかり確認しておきましょう。

オンベースに住んでいる場合は、レイジングオフィスの修理に任せるのがいいですが、オフべで家を購入している場合は家守必須。夏は庭の管理、冬は凍結に注意したりなど住んでいないと家も傷むので長期で家を空けるわけにはいきません。

デプロイが多いようなら、オフべに家を購入するデメリットもあるかもしれません。

2.書類関係

デプロイに出発する前に配偶者に書類を用意してもらいましょう。

Power of attorney

通称POAと呼ばれる権限譲渡の書類です。デプロイ中に何かしらの手続きで配偶者のサインが必要になったりした場合に、この書類が役立ちます。

ベース内のリーガルオフィスで作成可能。SpecialとGeneralの2種類のPOAがありますが、Generalという形式のPOAを作成してください。Specialでは、いざという時に権限が使えない場合があります。

Generalは扱える権限の幅が広く配偶者が仮に亡くなった場合でも、このPOAを継続して利用することができます。

ミリタリーIDを紛失したり、壊してしまった場合の再発行にもPOAが利用できます。デプロイが決まったなら長くても短くても作ってもらうのが間違いないでしょう。

子どもと一時帰国するなら、渡航同意書

デプロイ中に子供と一緒の一時帰国を考えているなら、渡航同意書にサインをもらっておきましょう。アメリカと日本はハーグ条約に加盟しています。子供の連れ去りなどに厳しい規定があるため、両親の同意のもとに子供が片親と渡航していることを証明する必要があります。

疑いをかけられてトラブルに巻き込まれないように渡航同意書を用意しておきましょう。

渡航同意書のテンプレートのサンプルはこんな感じです。

渡航同意書

(引用:18歳未満の渡航同意書 記入例|JAL

渡航同意書は自由形式です。自分で作成してプリントアウトして持っておきましょう。

私は旦那にサインしてもらった原本を渡航日の日付を入れずに持っておいています。機嫌良くないとこういうのにサインしてくれないですからね。念のためです。

デプロイのオーダー書類

念のため、配偶者がデプロイに行っていることが分かるオーダーの書類を貰っておきましょう。基地施設内では、時々配偶者のステータスの確認を取られることがあります。もしもの時に証明できるように貰っておくのがベターです。

3.サポート体制について

デプロイ中のファミリーをサポートするシステムが軍にはあります。所属部署の代表がデプロイファミリーを取りまとめをしているので、困りごとや軍関連で質問がある時には連絡するのも良いでしょう。

基本的はKey Spouseと呼ばれるミリ妻の取りまとめ役がお世話係を務めることになっています。また、配偶者に連絡が取りたい時などには、1stサージェントとという上官が取りまとめをします。

デプロイ前のセレモニーの後に、スパウス向けの説明会がありました。ここで各所の連絡先などの確認をすることができます。不安なことはこの説明会で聞いておきましょう。

4.子供関連

デプロイ中は、CDCのチャイルドケアが無料で使えるサービスがあります。1人での子育てが大変だったり、病院に行かなければいけないなど子供の面倒が見られない時にうまく活用してみてはどうでしょうか?

事前に登録が必要です。基地内のCDCに問い合わせてみましょう。

5.もし配偶者が重傷、亡くなった時は?

デプロイといえば、派遣先によっては命の危険ももちろんあります。どんな状況になるのか予測不能です。

万が一のことを考えて、配偶者が重傷になった場合の対応や、亡くなった時のことをデプロイ前に話し合っておきましょう。

  • 脳死になった場合の延命治療を望むかどうか
  • ドナー提供をする意思があるか
  • 葬儀はどのような形でやるか
  • 生命保険、財産分与など
  • 両親ともに死んでしまった場合の子供の親権

我が家では以上のようなことを話し合いました。

もちろん安全に帰ってくることを願いますが、命を懸けるのも兵士の宿命。何かあった場合のことは想定しておきましょう。

さいごに

旦那がデプロイに出発してしまうとできないことがたくさんあります。初めてのデプロイは不安もいっぱい。できるだけ事前に準備をして、長期のデプロイを快適に過ごせるようにしておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする