【グリーンカード更新】申請7カ月で指紋採取の案内が来た話

こんにちは、ナッチョミー(@DONTBESHY1105)です。

昨年12月末にGC更新書類の受け取り連絡が来て以降、さっぱり動きがなかったGC更新。7カ月かかってバイオメトリクスの案内が来ました。

アメリカ

グリーンカードの条件付き削除

属に言うフィアンセビザで入国した人は、結婚後に永住権、グリーンカードの申請をします。そして1度目のグリーンカードを取得。このグリーンカードは、2年の条件付きグリーンカードです。偽装結婚じゃないかどうかを確認するための結婚お試し期間ってところでしょうか。

グリーンカードの期限が切れる半年前から、グリーンカードの更新手続きが可能になります。2年の条件付きグリーンカードから10年への切り替えができます。ここを乗り越えると10年、グリーンカードの更新地獄からは解放されます。

現在の進行状況

2018年12月20日、グリーンカード更新書類を郵送

2018年12月22日、書類受け取りの連絡、ケースナンバーのお知らせがメールで届く

2018年12月27日、グリーンカード18か月延長のお知らせ手紙が届く

2019年7月22日、バイオメトリクス(指紋採取)のお知らせが届く

2019年8月1日、バイオメトリクスへ

現在の進み具合はこんな感じです。半年も音沙汰なし期間があったので心配でした。

バイオメトリクスに行ったら少しは進むんでしょうか。

バイオメトリクスに必要なもの

バイオメトリクスの連絡には、連絡票とパスポートやIDを持ち込むようにとあります。

念のために、名前の確認できるIDはいくつか持ち込みましょう。会場は携帯電話などの電子機器の持ち込みNGです。暇つぶしできるものをもっていきましょう。本とかそういうの。

会場の受付時間が決まっているので早く会場に着くようにしましょう。なんでか、いつも朝早い受付時間の指定なんですが、午後になる人もいんるんでしょうか?

今いるところからは会場は遠くないのでいいですが、前住んでいたところは3時間以上離れた場所を指定されたので前泊して行きました。時間に余裕をもって行動できるようにしましょう。

都合が合わない場合は、リスケジュールすることも可能です。早めにスケジュールの連絡をすると良いでしょう。

グリーンカードの待ち時間

現在のグリーンカードの待ち時間は13カ月から18か月待ちという表示が出ます。そのため、グリーンカード申請者は、18か月の延長のお知らせの手紙が来ます。

この延長期間中にグリーンカード取得できなかったら、しばらく帰国できませんね。

今は不法移民の取り締まりも強化されているので、グリーンカードがないとアメリカに居られないんだというのをひしひしと感じます。

これから申請する人は、2年はグリーンカード更新の手続きにかかることを覚悟しておいたほうが良いでしょう。

正直、フィアンセビザの取得よりも待ち時間が長いです。

さいごに

グリーンカード更新は、首を長ーくして待つしかありませんね。悲しいかな。無事に更新できることを祈っています。