【国際結婚】夫婦別姓?それとも氏姓変更?どっちが便利なの?

こんにちは、ナッチョミーです。

私自身、リアルタイムで悩んでいたこと。国際結婚した人あるあるですが、日本での戸籍の氏問題です。国際結婚をすると夫婦別姓で生活することも可能です。日本人と結婚すると必ず氏を統一する必要がありますが、国際結婚ではその必要がありません。

国際結婚したら悩む「氏の変更」について見てみましょう。

387da2fd790692e3afdd0f2f0b560a1e_s

夫婦別姓のメリットとデメリット

アメリカに越してきて知り合った日本人の奥様方にも、相談してみましたがみなさん「夫婦別姓」を選択したようです。夫婦別姓にした場合のメリットとデメリットを聞いた話からまとめてみました。

夫婦別姓の手続き方法

国際結婚の場合、日本で婚姻の手続きをするか、海外から日本大使館や日本領事館で手続きするかで手続き方法は変わってきます。

夫婦別姓にしたいときは、婚姻届けを提出するだけになります。他に必要な手続きはありません。

なぜかというと、外国人配偶者には、戸籍が与えられないからです。婚姻届けを提出すると新戸籍が日本人配偶者の名前で作られます。婚姻した事実は欄外に書かれるのみです。

アメリカに居る場合の名前の表記

アメリカに居る場合ですが、マイケル・スミスさんと鈴木花子さんが結婚したとします。アメリカ方式で結婚して日本領事館に婚姻届けを提出しました。花子さんの名前はアメリカではミドルネームに旧姓を加えて「ハナコ・スズキ・スミス」になりました。花子さんは、婚姻届け以外なにも申請しませんでしたので日本では「鈴木花子」のままです。

パスポートは、括弧書きで配偶者の苗字を入れてもらうことが可能です。

EX) HANAKO SUZUKI (SMITH)

ただしICチップは旧姓のまま。航空券は旧姓で取ったほうがトラブルはないでしょう。

子どもが生まれた場合どうなるのか。仮に子供名前を「ケリー」とします。アメリカでは「ケリー・スズキ・スミス」または他に新たなミドルネームを加えた名前になります。日本では、「鈴木ケリー」です。つまり子どもはダブルネームになります。そして、二重国籍になりますのでパスポートも2冊になります。

子どもが入ってくると少しややこしくなるのが夫婦別姓の特徴です。

メリット

・日本名を残しておくことができる

・銀行やパスポート、免許証などの名前を変更する必要がない

・日本で就業するときに日本人として採用されやすい

・病院や銀行などで名前を呼ばれても日本名なので恥ずかしくない

・子どもが日本で学校に通う時も違和感なく過ごせる

・子どもに将来日本で日本姓で生活できる選択肢を残すことができる

・仮に離婚しても氏の変更手続きは必要ない

デメリット

・日本在住なら家族が違う名前で生活していくことになる

・配偶者と子どもの名前が違うので親子証明が日本で難しくなる

・日本でもアメリカでも永住権や保険、銀行などの手続きに結婚証明書が毎回必要になる

・渡航の際、子どものパスポートは説明のために毎回2冊必要

・子どもに名前が違うことを理解してもらう必要がある

氏を変更するメリットとデメリット

氏を変更したという人ももちろんいます。配偶者の強い希望があってとか、家族は同じ名前がいいという気持ち的な面での理由で変えている人が多い印象です。

氏変更の手続き方法

夫婦別姓の場合と違い、「外国人との婚姻による氏の変更届」を出さなければなりません。この手続きにより戸籍上の名前が変更されます。

この届出用紙は、日本の場合は婚姻届けと同様市役所や区役所、役場などでもらえます。海外の場合は、日本大使館または日本領事館からしかもらえません。

婚姻届けと同時に提出すると手間を省いて申請することができます。海外で結婚した場合、婚姻届けは結婚後3か月以内に提出しなければなりません。(3か月後でも遅延理由書を書いてつけると申請できます)

氏を変更する場合、「外国人との婚姻による氏の変更届」は6カ月以内に届け出る必要があります。6カ月以降は、日本の家庭裁判所に氏名変更を届け出ることになります。

婚姻届けと別に提出する場合は、新しい戸籍抄本または謄本と一緒に提出する必要があり、海外在住者には非常に面倒になります。戸籍抄本は日本から新しいものを取り寄せる必要がありますから。

氏を統一するなら6カ月以内に申請するのがベター。手続きを簡単にしたいなら3か月以内に申請するのがベターです!ちなみに私は書類が揃わなくて3か月ちょっと超えて申請しました。

日本での表記の仕方

日本の戸籍上の名前が変更になりますが、表記は英字ではなくカタカナになります。(中国名、韓国名の場合は、日本の漢字に変換するそうです)

夫がマイケル・スミスさん、妻が鈴木花子さんだった場合は、「鈴木花子」から「スミス花子」になります。また戸籍上も「スミス」になったことで、子どもができても子どもの苗字は「スミス」なので「スミスケリー」という名前になります。日本の戸籍には、ミドルネームをつけることはできません。

戸籍が変わることによって、パスポートはもちろんのこと、銀行や免許証などあらゆるものを変更する必要が出てきます。

メリット

・家族が同じ苗字でいられるので安心

・さまざまな手続きでも同じ苗字なので特に証明する必要がない

・変わった名前なので日本では覚えてもらいやすい

・子どものパスポート名も統一

デメリット

・日本名じゃないので聞き取ってもらえないことがある

・日本で病院などで名前を呼ばれると恥ずかしい

・日本では外国人だと思われて書類選考で落とされるなど仕事にも影響がでる可能性がある

・日本で外国姓だとプライベートまで根ほり葉ほり聞かれる

・子どもが苗字も違うので日本人に見られない可能性がある

・氏変更による手続きが多い

複合姓という選択肢

夫婦別姓も、氏の変更も選べない!という人には複合姓という選択肢もあります。

ただし、複合姓にすると日本ではありえないほど長い苗字になることもあるのでご注意ください。

EX) スミス鈴木 花子 または スミススズキ 花子

  鈴木スミス 花子 または スズキスミス 花子

どっちの名前も入っているので、分かりやすいですが芸名のような名前になってしまいます。

また、複合姓の場合6カ月以内の申請では変更しやすいようですが、家裁申し立てによる氏変更になると認められない場合もあるそうです。裁判官の判断によります。

家裁申し立てによる氏の変更

婚姻より6カ月を超えてから氏の変更をしたい場合は、家庭裁判所への申し立てが必要になります。

なぜ氏の変更が必要なのか具体的な理由を証明する必要が出てきます。裁判も見たことがない人間がやるわけですから、なかなか大変だと思います。申請用紙にたくさん理由を書き込んで立証しなければいけないのでコツがいるようです。弁護士さんに相談してみるのも手でしょう。

夫婦別姓のままにしていたけど、渡米を機に変えたいという人は結構いるようです。日本結婚して夫婦別姓のままですとアメリカでの永住権やソーシャルセキュリティナンバー(SSN)の申請などすべて旧姓になります。永住権やSSNなどはパスポートの名前を元につくられるからです。また、子どもも同様です。アメリカで結婚した場合の夫婦別姓とは状況が違ってきます。

アメリカで名前が違うということは、常に結婚証明書が必要になってきます。非常に面倒なので家裁申し立てをして変えたいという人がいるのもわかります。

家裁申し立てによる氏の変更で注意したいのが、一度変更した氏を変えることができなくなるということです。

婚姻による氏の変更ですと、たとえ離婚しても離婚届と一緒に氏の変更をすれば旧姓に戻ることができます。

しかし、家裁申し立てによる氏の変更になると離婚をしても旧姓に戻すことができなくなってしまうのです!

ここ要注意ですよ。

結婚の段階から離婚は考えたくはありませんが、家裁の申し立てをする前によく考えて申請したほうがいいかと思います。

さいごに

これから国際結婚を考えている人へ。日本で結婚して日本在住なら夫婦別姓、日本で結婚してその他の国に住む予定があるなら氏の変更を選択したほうが楽に生活できるのかもしれません。

氏変更は日本人の偏見ありきのデメリットが多いのです。日本に住むのかどうか、どんなエリアに暮らすのかによって感じ方はそれぞれです。海外に対する日本の偏見がなくなれば、こんな心配しなくてすむのにということもたくさんあります。

ちなみに外国で婚姻した場合は、旧姓でも氏を変更してもも変わらずに生活できるでしょう。日本に移住しないことが前提ですけどね。

私もずっと悩んでいた氏の変更。最終的には夫の氏に変更することに決めました。旦那が「家族は一緒の名前がいい」と断言していたからです。

私は旧姓残しておきたい派でしたが、いろいろな人に相談した結果、将来の子どものことを考えると名前は統一しておいたほうが気持ちがいいかなという思いに変わりました。今後日本に数年住むことになっても最終的にはアメリカで一生を終えるような覚悟でいます。

名前を軽くみてると後で痛い目にあるかもしれません。ぜひ良く考えて周りに相談しながら決めることをおすすめします。

アメリカ、カリフォルニア州在住。国際結婚した主婦在宅ライターです。国際結婚や英語学習、ミリタリーワイフ生活について紹介します。