【アメリカで国際結婚】遠距離恋愛を成功させるコツ5つ教えます

遠距離恋愛ってしたことありますか?

私は旦那と出会って半年、付き合い始めて3か月目から約2年の遠距離恋愛を経験しました。アメリカと日本。時差もあって乗り越えるのが大変?!私はあっという間の2年間でした。今、遠距離で悩んでいる人たちに遠距離恋愛を継続する5つのコツを教えます。

遠距離恋愛

遠距離恋愛をスタートさせる前に、終わりを決める

遠距離恋愛が始まる時って、

・最初から遠距離に住んでいる場合

・引っ越しなどで途中から遠距離になる場合

・短期間での遠距離の場合

があると思います。

最初から遠距離に住んでいてという人はお互いに覚悟があってのスタートになるでしょう。引っ越しなどで途中から遠距離になる場合はいきなりで気持ちの整理がつかないかもしれません。1~2年程度の短期間の場合は、終わりが見えているので少しは安心かもしれませんね。

どんな場合にも言えることですが、

遠距離恋愛は永遠には続きません。いつかは終わりがあるものです。

遠距離恋愛が終わる時は、同棲するか近くに越してくるか、破局のパターンです。

もし本気で結婚したいと思っていて、でも状況的に遠距離を始めなきゃいけないという状況になったのなら。遠距離恋愛になってしまう前に、何年後になるかはわからないけど一緒になる方法を話し合っておくべきだと思います。終わりが見えない恋愛ほどつらいものはないからです。

終わりが見えない恋をするほど人の心は強くありません。だから、最初に目標を二人で決めておくことで少しの安心を得られます。お互いの信用をしっかりと作ることが大事です。

私は交際を始める前から遠距離恋愛になることが確定していたので、彼に「私は結婚したいから、次は結婚してくれる人じゃないと付き合えない」と言っていました。

常に一緒にいる方法を模索していたので、彼も結婚の決断をするのが早かったです。遠距離恋愛を始めて半年でプロポーズ、そこから1年間結婚式の準備とビザの手続きを同時進行でしてきました。

何事もはじめが肝心。もう遠距離恋愛だという人も遅くはありません。ずるずるしないで、今後のことをしっかり決めることは大事です。(時には見切りも必要ですけどね。)自分が幸せに暮らせる方法を考えましょう。

お互い信用することを約束しあう

遠距離恋愛においてもっとも大事なことは「信用」です。相手を信用できないから、責めてしまったり、浮気してしまったりするんです。

遠距離恋愛になることが分かったら、お互いに信用しあうことを約束しましょう。

信用すると決めたら疑わない。これも大事なコト。

信じなければ、遠距離恋愛は続けることができません。

毎日の連絡を欠かさないコト

遠距離恋愛って始めてしまうと、簡単に会うことが出来なくなってしまいます。私も、2年間の遠距離恋愛中に会えたのはたったの2回でした。

そんな中で大事になるのが、こまめな毎日の連絡です。

旦那は遠距離恋愛になる前に約束しました。「君が連絡しなかったとしても、俺は毎日メールする!」と。本当に彼は毎日メールしてくれました。変顔の写真や動画と共に。

内容はたわいのないものです。「おはよう」から「ごはん何食べた?」「今日は何してるの?」「この動画面白いから見てみてよ」「もう寝るね~おやすみ」そんな感じです。

私は時々返信を忘れることもあったんですが、彼からは途絶えることはありませんでした。愛ですかね。

文明の利器スカイプは一週間に一回使えばいいほうでした。時差もあるしやっぱりちょっと大変。メールが便利ですね。

お互いにペースを守ってきちんと連絡を取り合うこと。遠距離恋愛においては最も大事なことです。連絡がなくなっちゃったら、不安になりますよね。連絡の取りすぎも「ウザい」と思われる原因になるので、毎日朝の挨拶は必ず送るとかポイントに絞ってメールするといいですよ。

大事な話はメールではなくスカイプなどで顔を見ながら話しをするのがお勧めです。

日々の生活を楽しむ

ときどき、恋は盲目的な感じで恋愛に突っ走ってしまう人がいます。遠距離恋愛になるとますますそんな気持ちが出てきてしまうかもしれません。

「なんで彼氏と離れていなきゃいけないんだ?」とか、

「誰かと浮気してるんじゃないか?」とか。

でも、遠距離恋愛ってお互い距離は離れているけど、心まで離れるのを最初から心配するのは心配しすぎだと思います。浮気性の男性ならともかくですが。

遠距離恋愛になる前にお互いに信用することを約束しましたか?信じることができなくなったなら、彼とは連絡を取りつつ遠距離恋愛のことを忘れるくらい楽しいことを見つけるのも方法です。

仕事を頑張ったり、女友達と出かけたり、スポーツをしたり、パーティーをしたり。

遠距離恋愛にのめりこみすぎるとプライベートまでうまくいかなくなってしまいます。気持ちをコントロールしましょう。相手に依存しすぎない自分を維持することこそが遠距離恋愛を継続する最大の秘訣です!

私もいつかはアメリカに行くと決めていたので、あと一年くらいの日本生活満喫してやろうと遊びまくりました!日々の生活を一生懸命楽しく送っていると2年3年なんてあっという間ですよ。

会いに行く予定を決める

離れる前に次にいつ会うのか、ざっくりとでもいいから予定を決めておくコト。これも大事です。

離れていた分、会える時は本当にドキドキします。これも遠距離恋愛ならではの楽しみ!近くにいる恋人ならマンネリしちゃうかもしれないけど、飛行機に乗って空港で落ち合う瞬間は輝いています。

次に会う予定が決まっていたらその日までいろんなことを我慢できますよね。

会う時にどんなことをするのか予定を考えながら、ドキドキ待つのもいいと思います。彼とも話しが弾むはず。

私はアメリカと日本の遠距離だったので、お互いの行き来をするときは両親に会うというのが一つも目的でもありました。

もし、結婚も想定しているなら彼が来るタイミング、または彼女が来るタイミングで家族と会うという場面をきちんと設定すること!これも遠距離恋愛を成功させるために必要なことです。お互いの本気は行動でしか示せません。

行動したらあとは遠距離恋愛のゴール、家族へのスタート「結婚」に向けて準備するだけですよ。

さいごに

遠距離恋愛ってやっぱり難しいです。スカイプで話していても画面の向こう。触れないことがなによりもつらい。でも、それってお互いさまなんです。だから、イライラしないでさみしい時は「さみしい」って言っちゃえばいいと思います。

私たちはさみしい時は一日中スカイプを繋ぎっぱなしで、二人とも爆睡していたこともありました。なんか、安心して眠れるんですよね。旦那のいびきを聞いていると笑

遠距離恋愛期間を乗り越えた今だからこそ言えますが、旦那が遠くに出張で長期間いないことがあってもなんとか耐えられるかなという自信になっています。妻として家族を守るってどんなことかも学べました。

乗り越えた先、結婚したあともいろんなことがあります。遠距離恋愛期間も楽しんで過ごしてぜひ遠距離恋愛を成功させてくださいね。

アメリカ、カリフォルニア州在住。国際結婚した主婦在宅ライターです。国際結婚や英語学習、ミリタリーワイフ生活について紹介します。