【ミリ妻向け】家族旅行に使えるミリタリー保養施設7つ紹介

こんにちは、ナッチョミーです。

節約しながら旅行がしたいと思いませんか?ミリタリーファミリーがお得に使えるミリタリーの保養施設があるんです。格安で素敵なリゾートホテルがたくさんありますよ。今回はミリタリー保養施設をMySECOのVacation With Military Lodging記事から7つご紹介します。

家族旅行

ミリタリー保養施設とは?

ミリタリーの保養施設は、米軍の福利厚生の一つとしてミリタリー関係者が利用できるように保持している施設です。アメリカ国内はもとより世界各地にあり、現役兵士には格安で宿泊施設を提供しています。

ミリタリーID保持者のみが予約することができます。一般の方でも、ミリタリー関係者がスポンサーになり、一緒に宿泊することができれば利用可能です。家族やお友達と宿泊しながら旅行を楽しめます。

基地には、引っ越しや出張などで利用可能なLodgingが基本的に備わっていますが、これから紹介するホテルはリゾート要素の強い旅行に便利なホテルを紹介します。

Shade of Green Resort

フロリダ州オーランドと言えばディズニーワールド!ディズニーワールドリゾート区画内にあるミリタリーの保養施設がShade of Green Resortです。

ホテルの特徴

ミリタリー保養施設でありながら、ディズニーリゾートと提携しているホテルです。ディズニー施設を巡る専用シャトルバスも運行しているので、車がない場合でも安心してディズニーワールドを楽しめるのが魅力です。 この周辺にはユニバーサルスタジオやレゴランド、シーワールドなどもあります。

スパやフィットネスジム、プール、テニスコート、ヨガクラスなどもあり、一般的なリゾートホテルと変わりありません。結婚式場としても利用可能。ガゼボでの結婚式、パーティもホテルで全て行うことができます。

ホテル宿泊価格

ホテルの宿泊価格は、利用者の状況に応じて変わってきます。現役兵士のランクが低い順に安い価格で利用することができるシステムです。カテゴリー1(E1-E6)は、スタンダードルームで119ドル。(※2018年10月から2019年9月30日までの価格です)ランクに応じて価格が上がっていきます。 ID保持者がスポンサーになって利用する場合は、少し高めの価格カテゴリー2の価格設定が適応になります。

また、現役をリタイアしたベテランやシビリアン、未亡人、外国人兵士なども利用可能です。利用条件や価格設定は毎年改定されます。すでに、来年度は値上げの予定になっています。

朝食、夕食付きのパッケージプランもあるので、希望に応じて利用するもの良いでしょう。

チケット関係はホテルで購入がオススメ

Shade of Greenは、テーマパークへのアクセスしやすい立地のためホテルでもディズニーワールドやユニバーサルスタジオ、シーワールド、レゴランドなどのチケットを取り扱っています。ホテルのホームページからも購入可能です。

  • ミリタリー割引(3~12パーセント割引)が適用になる。
  • 税金がかからない。
  • ディズニーのファストパスを60日前から申し込める(ディズニーリゾート宿泊特典)

ディズニーワールドメインでの宿泊ではとにかくオススメのホテルです。

Hale koa Hotel

アメリカのリゾート地と言えば、ハワイ!Hale koa Hotelは、ワイキキ沿いの一等地にあるミリタリー保養施設です。

ホテルの特徴

なんといってもビーチが目の前!ビーチ前には、プールバーも設置してあり、お酒を楽しみながらビーチを眺めることもできます。ビーチで利用できるベットやパラソルの貸し出しも。ハワイらしい草花を楽しめるエキゾチックなガーデンも素敵です。

ホテルでは、定期的にオリジナルルアウショーも開催。普通の観光客であれば、ポリネシア・カルチャーセンターなど遠いところまで行って見なければいけませんが、ホテル内にあるルアウガーデンでは、ハワイの伝統的な料理を楽しみながらルアウショーを見ることができます。ガーデンでは、カイルアポーク(豚の丸焼き)を実際に焼いているところも見学できます。

宿泊するならルアウショーも是非予約しましょう。

ホテル宿泊価格

カテゴリー1(E1-E6)は、スタンダードルーム利用で119ドルです。(2019年6月現在価格)二人で利用する場合の基本料金で、人数が増えるごとに一人につき15ドルかかります。ランクやステータスによって価格も上がります。ワイキキビーチ沿いのホテルが1泊2万円台からというのを考えると破格の価格設定です。

ハワイウェディングを叶えてくれるホテル

ハワイと言えば結婚式でも人気の場所。ハレコアホテルでは、ホテル内にあるガーデンで結婚式を挙げることも可能です。実は私も結婚式はハレコアホテルを利用しました。

結婚式場、ボールルーム貸出、ケータリング費用などを考えてもワイキキ周辺の他のホテルとは比べものにならないくらい安く収まりました!会場装飾や牧師の手配などは自分でやらなければいけませんでしたが、ホテルスタッフも親切でお料理も美味しかったです。宿泊と結婚式場、パーティ会場を一か所で全て賄える最高の場所でした。

Seward Resort

アラスカのSewardにあるキャンプリゾートSeward Resortです。

ホテルの特徴

夏にはアラスカの景色を感じながらのハイキングやカヤッキング、釣りなどが楽しめます。レクリエーションツアーも充実。ボートを丸一日チャーターしての海釣りが人気です。モーテルやロッジでの快適ステイで涼しく楽しい夏を過ごせるでしょう。RVパーキングやキャンプサイトもあります。ハイシーズンは夏ですが、冬の宿泊も可能。

ホテル宿泊価格

カテゴリー1(E1-E6)は、ハイシーズンでモーテルルーム利用が96ドルです。 釣り用ボートのチャーターは、カテゴリー1(E1-E6)で1日223ドル。 (2019年6月時点の価格)。ステータスやランクに応じて価格が変わります。

アラスカの大自然を満喫できるリゾート

アラスカの雄大な自然を楽しみたいならSeward Resortを活用しましょう。ホテルサイトから多彩なツアーを申し込めます。大人数でのキャンプも良いでしょう。

New Sanno Hotel

日本、東京広尾の一等地にあるニュー山王ホテルです。

ホテルの特徴

東京観光に便利なのがこのニュー山王ホテル。広尾駅から徒歩10分。ホテル内には和室があり、日本庭園を眺められます。ホテル内には大きな室内プールも完備。レストランでは和食とアメリカ式の食事が楽しめます。

ホテルの価格

カテゴリー1(E5-E6)は、シングルベットルーム利用で53ドル。(2019年6月時点価格)2019年10月からは、1ドル~3ドル程度の値上げの予定です。ステイタス、ランクによって価格は変わります。

里帰り、東京観光に活用しよう

成田空港、羽田空港から地方都市へ里帰りする時の宿泊先としても便利です。都内ビジネスホテルよりもお得に宿泊することができるのが魅力。人気があり予約するのが難しい時もあるので早めに予約しましょう。海外から予約する場合、セキュリティ上の理由で支払方法は電話になります。国際電話料金がかかるので要注意です。

Okuma Beach

沖縄県本島の北部にあるビーチリゾートOkuma Beachです。

ホテルの特徴

ビーチが目の前にあり、ゴルフコースも整備されています。キャビンやコテージ、コンドホテルルーム、キャンプサイトを提供。施設自体は少し古めですが、コテージやコンドなど、大人数での宿泊にも対応しています。今度は最大18人まで対応可能。家族や友人との大人数での旅行にも便利です。

ホテルの価格

ランクについての表記がサイトに掲載されていませんが、ハイシーズンのStudioルーム1泊の料金は70ドルです。(2019年6月時点価格)18人まで対応可能なコンドはハイシーズン240ドル。人数で割ればかなり格安での宿泊が可能です。

沖縄でのんびりリゾートステイ

沖縄のリゾートを楽しみたい時にも便利なオクマビーチ。沖縄のビーチでのんびり過ごしてみてはいかがでしょうか?

Dragon Hill Lodge

韓国、ソウル市内ヤンサン陸軍駐屯地内にあるDragon Hill Lodge。ソウル市内観光にも便利です。

ホテルの特徴

韓国も空港からソウル市内まで距離があります。空港からホテルまでの無料シャトルバスが用意されています。仁川空港のUSFKの軍向けデスクで申し込み可能です。定時運行されていますが、バスが使えない場合は、 AAFESタクシーを利用しなければいけません。

ホテルは陸軍駐屯基地内にあるため、専用車でなければホテルまで行くことができません。基地内なのでショペットやPXなどで買い物も可能です。ホテル内にはプールも完備です。

ホテルの価格

カテゴリー1(E1-E6)までのスタンダードルームの料金は103ドル(2019年6月時点価格)。2人までの基本料金で、2人以上宿泊する場合は、一人プラス10ドルずつかかります。ステイタスやランクにより宿泊料金は変わります。

ソウル観光に活用しよう!

ソウル市内のアクセス良好で、ホテルでもツアーパッケージを用意しています。ソウル近郊の観光にも便利でしょう。PCSにも利用されるホテルなのでロングステイにも対応しており、20日間以上の宿泊パッケージプランもあります。

Edelweiss Lodge and Resort

ドイツの南部、スイスとの国境近くにあるEdelweiss Lodge and Resortです。

ホテルの特徴

スイスとの国境堺に位置していてアルプス山脈を眺められる美しい景観のホテルです。アルプスの雄大な景色を楽しむことはもちろん、ドイツならではの食事やアクティビティが楽しめます。施設内には温水プールやジムもあります。

ホテルの価格

カテゴリー1(E1-E6)のスタンダードルーム利用で、1泊99ドル(2019年6月時点価格)。※2019年10月からは1泊103ドルに値上がり予定です。ステイタスやランクによって宿泊料金は変わります。

ドイツお城巡り、ビール工場見学も

アルプスの景色も最高ですが、ドイツの歴史的なお城見学ツアーやドイツならではのビール工場見学ツアーなども用意されています。冬にはスキーやスノーボードも楽しめます。ドイツを満喫しましょう。

最後に

ミリタリー保養施設を7つご紹介しました。税金がかからないこともありますが、セキュリティも厳しいので安全面でもミリタリー保養施設を利用価値があるでしょう。

人気があるためぎりぎりに予約しようとしても満室になっている可能性も高いです。また、部隊の移動がある場合や引っ越しシーズンは、そちらが優先されるので旅行利用できない場合もあります。利用する場合は、早めに予約することをオススメします。

現役だけではなくリタイア後も使えるので、リタイア後の楽しみにこれらの施設を利用してあちこち旅行するベテランさんも多いです。ミリタリー保養施設を活用して賢く旅行を楽しみましょう!