【アメリカ引っ越し】アメリカ移住で持っていくべきものオススメ5つ

アメリカへの移住で、アメリカの時に持ってきて良かったものをまとめてみました。転勤や移住、留学でアメリカに来るときの参考にしてみてください!

こんにちは、ナッチョミーです。

アメリカに来てようやく3か月が経ちました。結婚して生活も安定してきたところです。振り返ると引っ越しで色んなものを持ってきました。

アメリカお引越し

持ってきて良かったものベスト5

1位 包丁

主婦目線ですみません。日本から持ってきた包丁は格段に使いやすいです!切れる!!!

アメリカにもナイフセットがありますが、野菜用とか肉用とか種類が多いわりに切りにくいなと感じることが多いです。残念ながら。

やっぱり使い慣れている包丁は一本持ってきたほうがいいかもしれません。日系スーパーが近くにあるようなエリアならそこでも手に入ります。でもちょっと高いので、持ってきたほうがいいですよ!

私は包丁研ぎも持ってきました。でも重いからいらないかも。瀬戸物の裏で研ぐといいですよ。

2位 菜箸・はし

日本でも料理をするときに使いまくっていた菜箸。こちらではまず見かけません。アメリカの普通のスーパーでは、そもそも箸自体売ってませんから。持ってきたほうがいいと思います。

こちらでも、アジアンスーパーに行けば売っていることもあります。でも、アメリカの田舎にはそもそもアジアンスーパーがない場合も。どんなエリアに行く場合も、念のため持ってきたほうがいいと思います。やっぱり箸は使い慣れてるから、安心。フォークとナイフに疲れた時は箸に切り替えます。

3位 食器類

和食器をたくさん持ってきました!特に小皿。アメリカではかわいい柄の食器って工芸品でもないかぎりあんまり見かけません。シンプルなデイリーウェアがたくさん安くお店で売られています。でも、大皿とか大きいお皿ばかり。小皿って案外ないんですよ。

なんでかって?アメリカはプレート文化だから!一皿にこんもりと盛り付けてしまいます。だから小皿って必要じゃないんですよね。

和食を作りたくなったときに、ちょっと乗せたり、飾ったりできる和食器。どんぶり、魚用の平皿、小鉢、そばちょこ、漆塗り椀、醤油さしなどなど。和食器があるとそれだけでなんだか日本に戻ったような気分にもなれます。

こちらのボウル型の食器は高台じゃないのでラーメンとかスープものを入れると熱くて持ち上げられません。どんぶりはほんとにおすすめ!どんぶり一個でもラーメン、そば、うどん、めしの丼ものと楽しめますよ!

私は地元の知り合いに頼んで特注のどんぶりを作ってもらいました。サイズよし形よしで超お気に入りです。日本でも程よいどんぶりってあんまりないかも。

4位 文房具類

アメリカのボールペンって太くてガサガサしてるんです。お土産でもらった海外のボールペンが書きにくいことってありますよね。

日本製の3本入って100円のボールペンですら、超優秀な商品です!書き味も滑らかで細くてにじまない。ほんとうに日本のボールペンや文房具は優秀なんですよ!

私はノートにボールペンにシャープペンシル、シャープペンシルの芯、消しゴムなどを持ってきました。ビザの書類を書いているときに、日本のボールぺンを使っていたら旦那が「黒のボールペンじゃなきゃダメだよ!それそんなに細くてシャープペンシルだろ」と言われました。

「これボールペンだよ!」といったら驚いてました。日本は文房具の先進国です!お土産でも喜ばれますよ。とくに留学生や勉強を考えているか方は持ってきたほうが便利です。

5位 生理用品

これは女性ならではになりますが。アメリカの生理用品はでかくてオムツのようです。ガサガサしていて着け心地は最悪。肌が弱い人は要注意です。

昔、一回だけアメリカの生理用品を体験して「使いたくない~」という思いから日本の生理用品をクッション材として段ボールに詰め込めるだけ詰め込んできました。おかげで1年分くらいはあると思います。無くなってもアメリカで買うことも一応できます。でも高いので、持ってくるのがおすすめです。

食器などを持ってくるとクッション材が必要になるので、その代わりに入れると無駄もないですよ!紙製品は日本はキメが細かくて滑らかで使い心地のいいものが多いです。あと薄い!赤ちゃん用のオムツもそうですよ~。パンパースでもいいですけどね。

ランク外だけど、持ってきて良かったもの

着物

やっぱりアメリカはパーティーが多い。旦那がミリタリーということもあって公式のパーティーの予定がちらほら。着付けもできるので3着ほど着物を持ってきました。アメリカじゃ手に入らないし、日本人として着物を着ると喜ばれるはず。(問題はクリーニングできないってこと)

スキバサミ

アメリカでも売っているのかもしれないけど、日本から持ってきました。私が住んでいる所は一応ロサンゼルス郡なんですが、アジア人も少ない田舎。

日本人がやっている美容室なんてありません。LAまで行けば美容室もありますが。遠くてそんなしょっちゅうは行けない。ロングヘアだし、自分で切っちゃえ!ということでスキバサミとっても便利でした。自分で切ればお金もかからないし、気になったときにカットできます。

ダシパック

日系スーパーでも買えますが、いつも使ってるダシパックじゃないと家庭の味はだせません。味噌汁、煮物。和食にはやっぱり必要なダシ。私はあごだしを大量に持ってきました。とっても便利!

計量カップ・デジタル計量器

料理に必要です。アメリカに来てクックパッドを見ながら料理している私には必需品。アメリカの計量器はすべてポンドになります。慣れるまでこの単位がどのくらいの量なのか全くわかりませんでした。日本のレシピを見てお料理をする人なら必須です!計量カップはCC表記があるもの、デジタル計量器は0.1g表記のものがおおすすめです。アメリカの計量カップにCC表記はありません。1カップとミリリットルならアメリカのもでも事足ります。

化粧品

アメリカのものでもいいんですけど、肌の色に合わせたり化粧水が肌に合わなかったりすることもあるので、少し多めに持ってきました。安心して使えるので便利です。もちろん、アメリカにもいいメーカー品もあるのでいろいろ試してみるのもありだと思います。

日焼け止め

私はもうこんがりと綺麗に焼けてしまいましたが、アメリカの日焼け止めはぬるぬるしていて伸びません。そして、なかなか馴染みません!日本の日焼け止めってすぅーっと伸びてきれいに馴染むんですよね。塗った後もさらさら!日本製は高いけど、間違いないです!

物干し(洗濯バサミ付)

洗濯バサミがいっぱいついたタイプの物干しありますよね。あれのステンレスバージョンを持ってきました。プラスチックだと数年で劣化する恐れがあるからです。実家でステンレス製のものを20年近くつかってますが、まだ壊れてない。

移住するなら丈夫なものを購入したほうがいいです。これはいまのところアメリカで売ってるのは見かけてません。

さいごに

私はアメリカをなめていました。案外なんでも手に入ります!カリフォルニアにいるので、日本食も手に入るし。あんまり不自由していないというのが今のところ。

インターネットでなんでも購入できますしね。持っているものを無駄にしたくないなら運んだほうがいいですし、こっちに来るために新しいものを購入する予定なら現地で買っても手に入れることはできます。

昔とはだいぶ違うんじゃないでしょうか。洋服も一部持ってきましたが、雪国育ちのためほとんど秋冬の服でした。夏が短いからあんまり夏服持ってなかったんです。結局現地で購入しています。

アメリカ移住するときの参考にしてみてくださいね。

アメリカ、カリフォルニア州在住。国際結婚した主婦在宅ライターです。国際結婚や英語学習、ミリタリーワイフ生活について紹介します。