アメリカに来て4カ月、9.11から15周年で思うこと

どうも、ナッチョミーです。

アメリカに来て4カ月が経ちました。最初は困惑していた店員とのやりとりも緊張せずにこなせるようになりました。相変わらず、カリフォルニアの店員は偉そうな感じで早口でまくしたててきますけどね。

まだ、アメリカは9月10日ですが、日本は9月11日を迎えたんじゃないでしょうか?米同時多発テロから15周年の注意喚起のお知らせメールが領事館からきたので、今日は9月11日について考えてみようと思います。

4da023fa0a105adef12eff971301abcd_s

15年前は何をしていたんだろう

2001年9月11日、ニューヨークのマンハッタンのワールドトレードセンターの飛行機事故を皮切りに米同時多発テロがありました。私の旦那が一応所属していることになっているペンタゴンも狙われたわけです。旦那の給料明細をみて、そうかペンタゴンか!と思ったんだけど、なんだか不思議です。

15年前、私は中学生でした。大好きなラジオ番組「ラジアンリミテッド」を聞きながら、お勉強していました。ちょうど10時をまわったあたりだったかもしれません、ラジオDJのやまだひさしさんの慌てめいて「なにこれ?なにが起こってるんだ?」みたいな声が印象に残っています。日本時間では午後9時46分に飛行機がワールドトレードセンターに激突しました。

正直ラジオじゃいまいち現状を掴めなかったので、自室からリビングに移動してテレビのニュースを見てようやく何があったのか把握しました。

ビルに飛行機が突っ込んでいる。映画みたいな光景、でもフィクションじゃない。

米同時多発テロのこと

私はハイジャックされた飛行機はてっきり海外のイスラム圏から飛んできたものなのかと思っていたんですが、どうやらボストン、バージニア、マサチューセッツから発ったアメリカ国内便の飛行機だったようです。合計で4機もの飛行機がハイジャックされました。

2機はニューヨークマンハッタンへ。2機はワシントンD.Cへ。

ワールドトレードセンターに2機が激突したあと、アメリカの軍事の中枢ペンタゴンにも墜落。犯人グループはホワイトハウスも狙っていましたが、乗客の反撃によりホワイトハウス到着前に自ら墜落させ乗客乗員は助かりませんでした。

ワールドトレードセンターは北タワーも南タワーも崩落。ニューヨークでは2749人が亡くなる大惨事になりました。

詳しくはwikiを読んでみるといいかもしれません。

アメリカ同時多発テロ事件 – Wikipedia

改めて調べてみるとなんて恐ろしい事件だったんだろう。

大学時代の教授の同級生だった方が、ワールドトレードセンターで働いていてこの崩落によって亡くなったそうです。少なくとも日本人も24名が亡くなっているとのこと。私もいつかニューヨークに行く機会があれば、グラウンドゼロでお祈りして来ようと思っています。

こんな記事も見つけました。ご家族のお気持ちはさぞ悔しかったことでしょう。

息子を亡くしてから10年-9.11日本人犠牲者家族の生き方

あの事件で世の中が変わった

世界同時多発テロがあってから、世の中は大きく変わりました。アメリカは中東を徹底して報復攻撃を加えてきたし、政略してきました。

旦那も、イラク、ヨルダン、UAE、アフガニスタン、シリアなどなど志願して行ってきたようです。独身だったからでしょうね。

しかし、アメリカ国内にもたくさんイスラム教徒は住んでいます。

私が見る限り、イスラムの人たちはアメリカの生活に馴染み、イスラム教徒として目立たないように生きているように感じます。女性はヒジャブという衣装で顔や体を隠して生活するのがイスラム教徒の習わしですが、アメリカではあまり見ません。

同じ多国籍の国オーストラリアにも中東移民はたくさんいますが、イスラム教徒のみなさんものびのびと生活しているように感じました。アラビア街があったりしますしね。

アメリカにもモスクはあるものの、日曜の集会以外は使われているのをみたことがありません。

大学の同級生にも、シリアやイラクからのアメリカに移ってきた人がいます。旦那は驚いてましたが。

みなさん普通にアメリカの生活に馴染もうと努力してます。

アメリカはそれでもテロの危険あり

今日領事館から在留届けを提出した人向けに注意喚起のメールが届きました。

同時多発テロから15周年を迎えるにあたり、商業施設などでの民間人を狙ったいわゆる「ソフトターゲット」へのテロ行為にご注意ください。

最近、テロとして多いのがお店への襲撃。今年もフロリダで47人が亡くなる襲撃事件がありました。

私も一昨年の冬にオーストラリアを旅行している時に、シドニーでイスラム系の人によるカフェテリアの立てこもり事件がありました。近隣に居たので本当に怖かったです。

今住んでいるところが田舎なので、そこまで敏感に感じていませんが、ぜひ都会にお住まいの方は街中でも気を付けたほうがいいでしょう。

今では、日本人も報復の対象となっています。

日本に住んでいるのが一番安全ですが、この時期に旅行される方は旅行するエリアの危険地域を調べてから行動するのをおすすめします。

最後に

ただ、イスラムの人たちがすべてテロを起こしているかというとそうではありません。普通に暮らしている一般市民がほとんどです。イスラム教徒に出会ったからといって、危険視するのも違います。

犯罪を起こそうと考える人が悪いのは、世の中一緒です。日本人でも悪いことをする人はたくさんいます。

イスラムの人に偏見は持たず、自分自身の身は自分で守る。これが一番大事なことです。

アメリカ、カリフォルニア州在住。国際結婚した主婦在宅ライターです。国際結婚や英語学習、ミリタリーワイフ生活について紹介します。在宅ライターについて書いている、はてなブログhttp://dont-beshy.hatenablog.com/もあります。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする